子供の習い事 - 学習塾

学習塾

子供向けの学び系代表格である学習塾に関して、指導方法は子供の性格と能力に合わせる、集団指導・少人数指導・個別指導の3つの指導の特徴と違い、学校の成績向上、塾の費用、学校の定期試験と実力試験の違いなどについてご説明します。

学習塾記事一覧

学習塾の指導方法は子供の性格や能力に合ったものを選ぶ


図書館で本を読む子供たち

子供を学習塾に通わせる理由は、成績向上と受験対策に集約されます。学習塾の指導方法には、学校と同じ集団指導、一人の講師による少人数指導、マンツーマンの個別指導の3パターンがあり、子供の性格や能力に合ったものを選ぶべきです。

≫続きを読む

 

学習塾の集団指導・少人数指導・個別指導に適した子供のタイプ


学習塾の男性の先生

学習塾の集団指導は、学校の授業が苦手な子には不向きですが授業に集中できる子に向いています。少人数指導は、集中力が無い子に向いていますがストレスが溜まる面があります。個別指導は、勉強の意味を理解している子に向いています。

≫続きを読む

 

学習塾通いで学校の成績がすぐ上がるかどうかは指導方針による


学習塾の子供たち

子供を学習塾に通わせても学校の定期試験の結果がすぐに良くなるとは限りません。学習塾通いで学校の成績がすぐ上がるかどうかは、学習塾が教科書に即した指導を行っているか、学問そのものについて指導しているかによって異なるからです。

≫続きを読む

 

学習塾の費用は指導方法・子供の学年・週の授業数などで変わる


学習塾の教材

学習塾の費用は指導方法の集団授業、少人数形式、個別指導によって異なります。更に子供の学年、週の授業数で違い、夏期講習や入試対策などの追加授業、塾の模試などの費用が発生しますので、事前に授業内容で確認しておきましょう。

≫続きを読む

 

個人指導の学習塾は講師本人の能力と指導内容が重要な要素


100点満点のテスト

個人指導の学習塾は、子供一人一人の個々の理解力に応じ指導内容を進めることができる利点があります。個人指導の学習塾では、講師本人の能力と指導内容が重要な要素ですので、生徒の進学状況や体験入学を通じて判断するようにしましょう。

≫続きを読む

 

学習塾の少人数指導には集団と個人指導の両方のメリットが


学習塾の子供たち

学習塾の少人数指導は、先生が生徒を見回る頻度が高い授業といえます。少人数指導では、他の生徒に見られている緊張感で勉強に身が入るいう集団指導のメリットと、先生と仲良くなりすぎる個人指導のデメリットをカバーする利点があります。

≫続きを読む

 

学校の定期試験は点取り問題で子供の正確な学力は分からない


学習塾の女性の先生

子供の成績と学力の判断基準となるのが試験結果で、クラス分けや進路で大きな比重を占めるのは試験の点数です。学校の試験には定期試験と実力試験の二種類がありますが定期試験は点取り問題で、その結果で子供の正確な学力は分かりません。

≫続きを読む

 

実力試験に必要とされるのは入試に必要な真の子供の学力


学習塾の男性の先生

実力試験は定期試験と違い、学び身につけた学力のみが問題を解くために必要となります。定期試験は丸暗記で良い点数を取ることができますが、実力試験では何の効果もなく、入試で必要とされるのは実力試験を解ける真の学力です。

≫続きを読む

 

子供の得意分野を伸ばし不得意を克服する幼稚園と小学校受験用塾


入園式の親子

子供達の受験には幼稚園受験と小学校受験がありますが間違いない合格を目指すならば、子供の得意分野を伸ばし不得意分野を克服し、それぞれ各幼稚園、小学校の受験合格のための授業を行なっている受験対策用の塾に通う事をお勧めします。

≫続きを読む

 

小学校受験は特殊なので専門の塾に通わなければ合格は難しい


入学式の親子

小学校受験のための塾は、通常の塾とは目的・内容が異なり、受験合格のためだけの塾で通常の塾では学べない受験対策のカリキュラムが組まれています。小学校の受験は特殊であるゆえに、このような塾に通わなければ合格は難しいと言えます。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
習い事についての基礎 習い事と教室の選び方 習い事に通う際の注意点

学びネット powered by TrendLead