子供の習い事 - 学び系

学び系の習い事について

子ども向けの学び系の習い事について、小学校中学年まで稽古事で高学年から学び系塾へ通う傾向、学習塾は学力や個性と講師が子供に合うかどうかで選ぶ、学習塾で学校の授業の補足と受験対策、子供に合った家庭教師についてお伝えします。

学び系の習い事について記事一覧

小学校中学年まで稽古事で高学年から学び系塾へ通う傾向


学習塾と子供たち

大多数の子供が何かしらの習い事に通っていますが、小学校中学年まで稽古事やクラブ活動、高学年から学力のため塾へ通う傾向となっています。学び系塾の種類や内容は変化がありませんが通う時間帯や帰宅時間で悩む機会も多くなっています。

≫続きを読む

 

学習塾は学力や個性と講師が子供に合うかどうかで選ぶ


勉強する男の子

子供をどの学習塾に通わせるかの判断基準となるポイントは、先ずその学習塾が子供の学力や個性に合うかどうか、次に子供に合った指導が出来る講師がいるかどうかです。月謝、交通、他の生徒といった要素は、それらの次に見るべき要素です。

≫続きを読む

 

子供が小学生の低学年から学習塾に通う事の2つのメリット


塾の先生と生徒

子供を小学生の低学年から学習塾に通わせることには、最低限2つのメリットがあります。学習塾で子供は学ぶ楽しさを知ることが出来ます。更に親が自ら予習をし子供に勉強を教えることがなくなり、親より正確に子供に勉強が教えられます。

≫続きを読む

 

子供を学習塾に通わせ学校の授業の補足と受験対策を


塾で学ぶ子供たち

小学校高学年頃から、子供の学力が伸び悩み学習塾に通わせる家庭が増えてきます。学校での生徒への個別の学習指導は事実上不可能であり、学校の授業の補足が目的となる事はやむを得ない事です。受験対策として家庭教師の利用もあります。

≫続きを読む

 

家庭教師に学習指導を依頼する際は子供に合った教師に


塾の先生と生徒

子供の学力の伸び悩みや受験対策で、学校以外で学習時間を設けたいと考える場合で、近くに学習塾がない、また人見知りが激しく集団が苦手という子供の場合、家庭教師に依る学習指導がお勧めです。何より子供に合った教師に依頼しましょう。

≫続きを読む

 

小学生の家庭教師を大学生に依頼するメリットとデメリット


塾の先生と生徒

子供に家庭教師をつける際、将来子供に入学させたい大学の大学生に教師を依頼するケースが少なくないようです。大学生の家庭教師のメリットとデメリットをお伝えします。いずれにしても家庭教師は子供との相性、状況、必要で選びましょう。

≫続きを読む

 

facebook はてなブックマーク

 

スポンサードリンク

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
習い事についての基礎 習い事と教室の選び方 習い事に通う際の注意点

学びネット powered by TrendLead